とうもろこしパン5

2012年08月22日

makki

 4月にインドに行ったときの画像を整理していたら、とうもろこしパンの画像が出てきました。

 泊まったホテルのレストランにパンジャブ料理を出すところがあり、食べたときのものですが、このパンはパンジャブ地方で有名です。

 マキ・キ・ロティと呼ばれますが、発音通りまっ黄色です。
 マキがとうもろこしですが、コーンフラワー(コーンミールでもコーンスターチでもありません)に熱いお湯を入れてドウを作ります。
 画像はプレーンですが、このドウに粗くおろした大根を加えることも多いです。

 これと名コンビがサルソン・カ・サグという、カラシの葉とホウレン草で作るカレーです。
 からし菜で代用できますが、インドのカラシの葉は、大きくて(1mぐらい)茎も太いので、葉だけを使います。

 このように、日本の「おでんに茶めし」のように、「このパン類にはこのおかず」というインドの決まり?もお伝えしていきたいと思います。

gen5delhi at 18:14│Comments(0)TrackBack(0)社長雑談 | インド旅

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔