インド料理のつき出し5

2012年05月09日

DSCN0212

 画像は、バンガロール・タージホテルのパンジャビ料理レストランのものです。

 「つき出し」という言葉が適正かどうかわかりませんが、インド料理店に行くと、チャツネ、パパド類がよく出てきます。
 種類は、韓国料理ほどではありませんが、ちょっとした楽しみです。レストランビジネスには必要なサプライズです。

 ここでは、いつも客席係が見ていて、パパドでも、野菜でも減ると、すぐ新しいものと差し替えていました。

 この野菜スティックも今までインドでお目にかかったことがなく、新鮮な感じと、料理と料理の間のマウスウォッシャーになり、いいですね。
 そういえば、焼き物の後、カレーの前に、しょうがとミントのグラニテが出されました。

 タージホテル、やりますね。
 勉強になります。」

gen5delhi at 14:26│Comments(0)TrackBack(0)インド旅 | 社長雑談

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔