干し魚とカレー5

2012年05月05日

DSCN0059

 先日、NHK「きょうの料理」で、みずのじんすけさんとナイル善巳さんが出演していましたが、その中で、「インドでも煮干のように、魚をダシに使う地方がある」と述べていました。

 画像はスリランカの高原、旧都キャンディの市場の、干し魚を売っている店です。
 種類も多くありますが、ここは海から遠いため、こういった干物が保存方法として発達したものだと思います。

 干し魚を具として作るカレーももちろんありますが、上記のようにダシと使う場合もあります。
 キャンディで食べたダルは、たぶんカツオだと思いますが、そのダシがアクセントとなって、ご飯に会う、おいしいものでした。

 昨日も、家庭のカレーに隠し味として、和風ダシという提案をしましたが、ラーメンも魚介系と動物系のWスープがはやるように、複雑系の味が好まれているように感じます。
 この場合は、隠し味というより前面に出ていますが。

 こういったあたりも、今後のカレーの開発に考えてみたいものです。

gen5delhi at 12:23│Comments(0)TrackBack(0)インド旅 | 社長雑談

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔