ロガンジョシュ5

2011年10月05日

rogan

 画像はカシミール地方の「ロガンジョシュ」というカレーです。
 ロガンは油脂、ジョシュは熱いとい意味だそうで、熱い油が浮いている感じのカレーです。

 作り方はいろいろありますが、これは、スパイス、ヨーグルトにアーモンドパウダーを加えました。
 スワミシェフは、「ロガンジョシュはカシミールチリをふんだんに使い、赤い油が浮くように作る」といっていて、彼自身、ロガン=赤い油と思っていたようです。
 基本的にカシミール語はカシミール人しか使いませんから、それ以外の地域では、カシミール語の言葉はよくわかっていません。

 カシミール地方は、イスラムとヒンドゥーが混在していますから、作り方も違うようです。
 今回は、カシミールというキーワードから、トマトを使わず、ヨーグルトとナッツをベースに、メースなどのスパイスでアロマティックに作りました。
 また、油脂分も少なめにしました。本来は油の層があるカレーです。

 マトン(ラム)カレーとしては、秀逸な一品だと思います。

gen5delhi at 12:28│Comments(0)TrackBack(0)メニュー | 社長雑談

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔