インドカレーを作ろう! ダムプクトゥ5

2011年02月09日

dum

 東京も雪が降り寒いです。こんな時には、ダムプクトゥという煮込みカレーはどうでしょう。
 ダムプクトゥとは料理名ではなく、弱火でで蒸し煮とでもいう意味ですが、ムガール朝の有名料理で、ラックナウ、ハイデラバードなどでも食せますが、今日は寒いカシミール地方のレシピを。

 本来は蓋つきの厚手の鍋に小麦と水で練ったドウを蓋と鍋の間にくっつけ、密封して作りますが、日本には土鍋がありますから、土鍋で。

<2人前>

 まず肉(ラムの角切りがベストですがチキンでも)200gを塩2gと100ccのヨーグルトの中でよくもんで2,3時間寝かせます。
 ミキサーにタマネギ1/2個、ニンニク1カケ。ショウガ小指の先大1、クミン末小さじ1/2、コリアンダー末1/2、ガラムマサラ小さじ1、グリーチリ1本、水300ccを入れ、滑らかなペーストにし、土鍋に入れます。
 さらに肉をヨーグルトごと加え、よく混ぜ、蓋をして極く弱火にします。
 約1時間煮込み、肉が柔らかくなったら、塩(多分約3g)で味を決めます。

 画像はスワミシェフが作ったものですが、この時はグリーンチリでなく、赤唐辛子(干し)を使ったため、やや赤めにできあがっています。

 本来カシミール風は、ミキサーに、むいたアーモンドを入れますが、なくても構いません。
 また、お好みでコリアンダーリーフやミントリーフをミキサーに、あるいはトッピングに使ってもおいしいです。

 土鍋の大きさで2つに分けたり、倍量作るなどしてみてください。

 ムガールのおいしい味、白いご飯との相性もいいです。
 寒い夜に、ヒマラヤの気分でいかがですか。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔