インドカレーを作ろう! スパイス4

2011年01月06日

spice

 カレーを作るのに必要なスパイスは、多ければ多いほど味も複雑になりますが、取りあえずを書きます。

<第1群>
 ・コリアンダー
 ・クミンシード
 ・ターメリック※
 ・ブラックペパー
 ・カルダモン
 ・クローブ
 ・シナモン
 ・レッドチリ
 ・パプリカ※
 ・ナツメッグ
<第2群>
 ・フェンネル
 ・フェヌグリーク
 ・ビッグカルダモン×
 ・マスタードシード
 ・ホワイトペパー
 ・スターアニス
 ・カスーリメティ×
 ・ヒング※
 ・ローレル×
 ・オールスパイス
 ・サフラン×
 ・カレーリーフ×
 ・メース

 まずは、この第1群を揃えます。※印はパウダーのみ、×印はホール(原形)のみです。その他はパウダー、ホール両方ともあった方がいいです。
 しかし、あまり使用しない場合は、ホールだと何カ月か経っても空煎りしてパウダーにして使えます。

 使い方としては、作る物によってもちろん、パウダー、ホールを使い分けます。
 ミックススパイスを作る時は、パウダーの方が混ぜた時に味が馴染んで1つの味になり易く、ホールをパウダーにしても、馴染みにくく、それぞれの香りが残ります。(この場合、昨日書いたように、コリアンダーを多くするとある程度解決できます。また、別の方法として、インドでは水を加えて混ぜてから鍋に投入します)

 スパイス投入のタイミングは、その性質や作りたいカレーの特性により異なります。これは今後カレーのレシピとともに、書いていきます。
  
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔