サラダの時のスパイス5

2010年08月10日

kachumbar 画像は、キューカンバーカチュンバーというサラダというか、サイドディッシュです。
 中に、クミンシードのホールと赤唐辛子のホールがはいっているのですが見えますか。
 一般に、クミンや唐辛子は熱した油の中に入れて、香りを抽出することになっています。
 しかし、このような油を使わないものの場合は、煎るという方法をとります。
 空のフライパンにクミンを入れ、焦げ付かぬようフライパンを揺すりながら、香りが立つまで煎ります。そしてひねりゴマのように、つぶしながら振りかけます。
 乾燥の赤唐辛子の場合も同様に、煎りますが、少し黒くなるまで煎ります。この時、唐辛子の刺激で多少目がいたくなるのでご注意を。そしてパリパリとつぶしながらかけます。
 この方法ですと、香り高く香ばしくなります。余ったら密封容器に入れても持ちますが、使い切る分だけがいいと思います。

gen5delhi at 10:57│Comments(0)TrackBack(0)レシピ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔