レシミカバーブ 銀座店5

2010年02月27日

reshmi2 銀座店で、3月のディナータイムに「レシミカバーブ」(1皿で2pcs¥630)が登場します。
 レシミカバーブのレシミとはシルキーということで、絹のようなシットリとしたものを指すのでしょうか。
 インドでは一般に鶏ひき肉のチクワ風のもので、作り方は、鶏ひき肉にジンジャー・ガーリックペースト、タマネギの微塵切りにガラムマサラ、塩にタマゴを入れてよく練り、焼き上げ、グリーンチャツネをつけて食べます。
 2年前のオフ会ではスワミシェフが、ここにコアという牛乳を1/3以上煮詰めてどろどろにした物を加えた「カコリカバーブ」を作りました。
 今回銀座店では、トマトチャツネをソース仕立てで下に敷き、カバーブの上には、生とフライの2種のオニオンを載せて、味や食感にアイデンティティーを演出しています。
 インド同様、前菜として最適な一品です。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔