びゃくだん サンダルウッド5

2007年01月17日

sandal
 画像はびゃくだんのフレークです。これはインドの食料品店で買いました。このびゃくだん、英語でサンダルウッド、インドではチャンダンといいます。
 日本にもびゃくだんのせんすなどがありますし、インドでは工芸品、お香、香水などがあります。
 でもこれを食べるのはふしぎではありませんか。インドでもそうよく食べませんけれど、シャーベットを作るときに香りとして使ったり(ミルクや水に入れて煮ます)アユルヴェーダでも治療?で使うようです。
 クリシュナ神の好みだといわれて、クリシュナ神にささげる時にびゃくだんミルクを作るようです。
 南インドの森に生えていて(15,6mの木)びゃくだんと他の木の見分け方として、暑い時にへびがまきついているのがびゃくだんだと聞きました。他の木に比べ冷たいからだそうです。


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔