日本そば5

2006年12月31日

soba
 きょうは12月31日、おとといのブログに書いた、日本の文化「そば」の日です。
 スタッフがおいしいそば屋さんに連れて行ってくれるそうです。東京にはたくさんのそば屋さんがあります。レストラン風のところや立って食べる店、特に鉄道の駅の近くに良くあります。
 実は私はそば屋に行ったことがありますが、はじめは驚きました。これも文化の違いでしょうが、まずは食べる音でした。行く前に、音を立てて食べて構わないとは聞いていましたが、皆無理に大きな音をだしてるように思えました。
 次にそばのボールを手で持って、口に近づけ、ジュブジュブ飲んでいたのにはびっくりしました。なぜスプーンを使わないのでしょうか。また、ボールを持ち上げることはいいのでしょうか。
 きっと日本人もインドに来たら、インド人の食べ方に驚きがあるのでしょう。これが文化です。
 では観察してきます。
 皆さま、良いお年を!(こう書くように教えてもらいました)


gen5delhi at 10:01│Comments(2)TrackBack(0)店長日誌 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 植田稔子   2007年01月01日 19:05
新年明けましてお芽出とうございます!(普通は芽じゃなく目です)ゆうべのお蕎麦はいかがでしたか?音を立てること、ボール(どんぶり)を持ち上げること、ミラさんは、欧米の教育を受けられたからそう思うのかな?それとも一般のインドの方もそう思ってる?文化や伝統は大切に、多少違っても理解しようとしたり、想像力があれば、仲良くできますよね?今年が去年より平和でありますように!明日、5時に銀座店、楽しみです。
2. Posted by MIRA   2007年01月01日 23:50
5 植田稔子さま
おめでとうございます。
インドの食事では、右手だけで食べますので、あまりボールを持って食べません。スープのときはスプーンです。
日本の食べ方はふしぎなこともありますが、インドよりきれいなところが多いです。すごく勉強になります。
明日は銀座店でたくさんのカレーをお楽しみください。
今年もよろしくお願いします。
mira

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔