東京カレー屋名店会その1 プティフ5

2006年07月12日

堀内

 きょうは、東京カレー屋名店会のご紹介のその1として、「本郷プティフ」の堀内礼一さんです。
 彼は、八丈島の出身、東京で大学の理工学部を出て、伯父さんが経営している学芸大前の和食店で板前修業。実は、彼はジャズピアノが上手で、学生時代はジャズライブの店でアルバイトをするほどの腕前で、大学卒業時にピアノの道か、板前の道か悩んだそうです。
 20数年前、伯父さんが「本郷プティフ」を開店し、数年後、堀内さんが店長として移り、現在はお店を譲り受けてオーナーとして頑張ってます。ですから、和食時代の関係で築地の魚市場とのパイプも太く、また、八丈からの直送品も扱い、メニュー構成もカレーにとどまらず、幅広い活動を行なっています。
 TV東京の第2回カレー職人選手権でパク森を破り、チャンピオンになったことも有名な話です。
 人物は、本当にまじめを絵に描いたような人です。東京カレー屋名店会のアクの強い人達の中で、ある種、緩衝材的役割を果たしています。
 カレーの系統は、麹町のプティフアラカンパーニュ出身の方の影響、さらにそこをさかのぼっていくと、ボンディ、ガヴィアルに突き当たるのですが、その辺のところは精査して、ご報告いたします。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by megu   2006年07月12日 10:18
4 いいブログですね♪
ぜひ、めぐのも見にきてくださいな。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔