MODERN INDIAN DINNER5

2016年05月24日

aaa

 本夕、モダン・インディアンディナーの日です。
 何がモダンか、定義があるわけではありませんが、思い込みでいきます。

 画像はメニューのスタートから前菜までです。
 ネパール、ゴア、アッサムとそのオリジンはランダムで、色や自分の食べたいもので作ってしまいました。

 今回のコンセプトは、”色”とサプライズです。
 色は、メニュー題字がそうであるように、カラフルな楽しさです。

 サプライズは小さなサプライズもありますが、視覚、触覚、味覚に訴えていきたいと思いました。
 味覚は、普段あまり目にしないものを探しました。
 今回は、シーアスパラガスがちょっとしたサプライズでしょうか。

 ハワイで口した方が多いと思いますが、あの塩辛さとシャキシャキ感が面白い野菜ですが、とうとう日本で見つけました。

 あまり書くと、本日のお客さまに期待感が無くなりますからこの辺で。

 

 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年05月23日

mt54

 ミッドタウン店、今週のカレーは「ココナッツホワイトカレー」です。

 ココナッツミルク、コリアンダーリーフ(パクチー)、ナンプラー、ポーク?
 なんかタイカレーみたいだと思いませんか。

 そうなんです。インドカレー屋が作ったタイカレーなんです。
 でも完全にタイまでは行かず、インド人と結婚してインドに住む(どこか豚肉の食べられる所でしょうね)タイ人奥さんのカレーみたいでしょうか(笑)。

 余談になりますが、インドのホテルのメニューに「グリーンカレー・チキン」とあったので、タイカレーなのか!と思いましたが、実際は、ココナッツ入りのホウレン草カレーでした。

 さあ、今日は真夏の暑さの様ですから、これでも食べて、暑気払いしてください。
 白いご飯に合いますよ。

5月24日のディナーに向けて5

2016年05月22日

20160522_141456

 5月24日のディナー、いったん決めたメニューを、まだまだいじくっています。

 「モダン・インディアン」などとの大言壮語が大きくのしかかってきます(笑)。
 ま、とにかくインド料理をベースに、他の国の料理法、調理技術を加味し、サプライズ感をお客様の五感に訴えていきたい思っています。
 それはデリーの伝統であり、存在意義ですから。
 
 カシミールカレーやタンドーリチキンほどのインパクトがあるとは思いませんが、少しでも挑戦できれば、私個人だけではなく、デリーの料理人たちも刺激になり、より楽しい料理を編み出していくことと思います。

 画像は、パパドに、あるものを足してみました。

 

バニラアイスクリーム5

2016年05月21日

20160521_135937 (2)

 バニラビーンズが手元にあると、やはり作るのはバニラアイスになってしまします。

 タマゴたっぷりで、生クリームで作る、本格的なヤツを作りたくなって、アングレーズソースから始めました。
 バニラビーンズもたっぷり入れて、いい香り。アイスクリームはチョコレートも惹かれますが、バニラが王様か?

 昨日のクルフィの話ではありませんが、菓子職人のいるホテルではアイスクリームを提供したくなるのがわかります。でもノンベジに限りますが。

 ただ問題は、私にはやはり、スイーツを作る素質が無いことです。
 一回作れても、いつも同じようにできない、いわゆる分量や温度管理に対する感覚がアバウトなんですな。
 性格上の問題でしょうか。
 また、出来上がりのイメージと出来上がりとの相違。カレーなら何とかいくのですが・・・
 デリーがお菓子屋だったらと思うとゾッとします。

 

 

クルフィ5

2016年05月20日

kulfi
 
 名古屋カレー番長?豊嶋さんに、先日、興味深いお話を伺いました。

 彼がインドのホテルでクルフィを注文したところ、「アイスクリームはあるがクルフィは無い。クルフィはストリートフード、外で買って食べるもの。ホテルでは出さない」と言われたそうです。

 なるほどなるほど。ホテルマンの矜持、理解できますね。
 昔の日本にもそういった決まりごとが、目に見えずありました。

 私の記憶にこういったことがありました。
 あれはもう45,6年前。帝国ホテルのダイニングで、若い裕福そうな男性がジーンズで来ると、ホテルスタッフが「こちらはジーンズでのご入場はお断りしています」と言って拒否。男性は「エルビス・プレスリーなら入れるだろ」などと抵抗していましたが、結局あきらめました。

 そういえばデリー銀座店でも、その昔は、ビーチサンダルでいらした方をお断りした思い出があります。

 その時代その時代に沿ったルール、棲み分け、秩序があるもので、それが変革する時、カオスだなんだかだと、こちらも一瞬戸惑うものです。

 画像はハイデラバードのホテルで食べた「ファルーダ・クルフィ」。ホテルは1.5流程度でしょうか。