デリー銀座店、今月のカレーは5

2016年09月01日

bbc

 デリー銀座店の今月のカレーは、「ビーフベンガルカレー」です。

 大変人気のあるカレーで、年に一度は行っています。
 パサンディではありませんが、同様に薄切り肉を使っています。

 銀座店では焼いて、カレーを温める時に併せて加えますので、焼いておいしい肉選びとなります。
 販売価格も考えて、アメリカ産、カナダ産なども試食しましたが、煮込みには使えますが、焼いて食べるとなると・・・

 ということで、再び和牛A4ランク以上の肩ロース肉にしました。
 やっぱり和牛は柔らかいし、おいしいし、香りがいいですね。

 牛脂の甘みもありますので、「ホット(辛口)」と注文して、召しあがることをお勧めします。

ドロドロとシャバシャバ5

2016年08月31日

dorodoro

 デリーやカシミールのように、トロミの無いカレーのオノマトペが中々難しいです。
 シャバシャバ、サラサラ、サラリ、シャブシャブ・・・
 どれもしっくり来ない気がします。

 さて、日本人の8割、いや9割以上の人が「カレー」と聞き、頭に浮かぶのが、このドロドロタイプではないでしょうか。
 ドロドロでも、日本式に、小麦粉とラード(バター)でつないだもののこと。

 創業社長から、「インドに行き、小麦粉でつないでいないカレーを食べた時は、正に目からウロコ。実に美味しかった。それ以来、つないだものは糊カレーと呼んでいる」と聞きました。

 やはりこれらのカレーの大きな違いは、スパイスの効き、香りでしょうか。
 日本式カレー何かオブラートにくるまれたようで、今ひとつ刺激が弱く私は感じています。
 これは好き好きで、日本式の方が、奥ゆかしさがあり、インド式は野蛮に感じる方もいらっしゃるのかもしれません(笑)。

 私自身、この日本式カレーが嫌いなわけではなく、むしろ好きです。
 が、このカレーを食べた後、ほぼ同時にインドカレーを食べると(試食等で)、「ああ、やっぱりインドカレーの方が好きだな」と感じてしまうのであります。

 これは私がブレインウォッシュされているのでしょうか?

還暦カレー、来週予定、デリー上野店5

2016年08月30日

early

 デリー上野店の還暦を振り返り、「The early DELHI」、初期の頃のカレーのスタイルを再現させます。

 現在との違いは、骨付き鶏を使っていること。
 これは当時、一羽の鶏を仕入れ、ガラと肉部に分けていたから。
 そして、骨付きの方がゴージャス感、インド的だったからですが、女性客が食べにくいとのことから、現在の骨無しになっていきました。
 今回は、下処理をしてありますので、スルッと骨が外れるようになっています、ご安心ください。
 

 また、初期の薬味、「山ごぼう漬け」と「ヌードル状のプロセスチーズ」も添えました。
 これらは、懐かしく思う方がいらっしゃることと思います。
 もちろん卓上には、オニオンピクルスとキュウリのピクルスもございます。

 我々スタッフも、初期のデリーを振り返り、このカレーだけではなく、創業の精神を再認識したいと思っています。

 ちなみに、このカレーは、デリーカレー、インドカレー、カシミールカレーです。
 上野店の計らいで、登場がちょっと後のコルマカレーまで加えるかも・・・
 価格は、¥1100を予定しています。

 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2016年08月29日

mt1685

 ミッドタウン店今週のカレーは、「南インドのチキンカレー」です。

 マスタード、メティ、カルダモン、シナモンの香りと、今回はフレッシュトマト、そして赤と青の唐辛子をミックスして作ったそうです。
 
 こういったオーソドックスなカレーは、より作り手の特徴が出てきます。
 カレーは、そのタマネギの炒め方、炒め具合に、その作り手のクセが出ます。
 きっとそれが、その人の味になるのだと思います。

 まだ食べていませんが、誰が発案して作ったかを聞く前に、味見して想像してみることにします。
 これも私の秘かな楽しみです(笑)。

コルマとサラダ5

2016年08月28日

20160825_131808 (2)

 医者から、少し糖質制限を緩めるように言われたので、ランチに上野店へ。

 コルマカレー・ホット、ライス1/3とサラダに。
 まだライス一人前を食べるのには、恐怖感と罪悪感がありますな、ある種の洗脳でしょうか。
 今回はコルマのホット(より辛口)でしたが、コルマ自体、タマネギの甘みが強いので、それほど辛さは感じません。
 しかし、身体は正直で、頭頂部は汗びっしょりです。

 ご覧のように上野店のサラダは、ボリュームがあります。
 ここで感じるのは、皆、レタスが好きということです。
 その昔、レタスが品薄になった時、サニレタスなど柔らかめのレタスを使ったら、「レタスはどうした」と怒られたことがありました。

 その時は、常連の方たちのご意見と思っていましたが、どうも日本人は特にあのシャリパリ感のあるレタスが好みなのでは、と感じます。
 今は、どこでもサラダの種類に「シーザーサラダ」がメニューに載っていますが、あのロメインレタスも、シャリパリ感が強いです。

 世界には様々なサラダがあり、有名なもの、ニース風、コブなどもあり、ミッドタウン店で試しましたが、人気はレタスの方があったような。

 こういったことも考えながらメニュー開発をせねば、と思いながら食べていました。