中華カレー、また作る5

2017年12月15日

chibeef

 前回作ってそこそこだったので、再び中華カレーに挑戦。

 今度も香妃園を習ってビーフに。
 腕が悪いので飛騨牛で挑戦?
 いやいや親戚からもらった飛騨牛をスキヤキにした残りです。

 香妃園も慶楽も牛肉を使っていたので、本来、豚肉の方がおいしいと思っていながら、牛肉に挑戦。

 作り方はほぼ同じ、カレー粉と中華スープ。
 今回は、タマネギのシャキシャキ感が欲しかったので、一番最後に加えて、軽くあおる程度にしました。

 ウーム、牛肉もウマいなあ、それとも腕が上がったのか?
 やっぱり牛肉がいいヤツでおいしかったのでしょう。

 ここにタケノコやキクラゲ、白菜にちょっと醤油でも足せば、龍公亭のカレーライス風になるのかな、などと考えながら食す。

 何といってもポイントは、作り置きでなく、その場で作るということ。
 中華鍋1個でさっと炒め上げ、中華スープと片栗粉で仕上げる。
 
 あと、この中華カレーを食べると、「カレー粉ってすごい奴だ!」と感じます。

gen5delhi at 10:16|この記事のURLComments(0)社長雑談 

サルソン・カ・サグ、2年ぶり5

2017年12月14日

salson

 2年ぶりに、サルソン・カ・サグを、とある方のご依頼で作りました。

 からし菜、好きですねえ、美味しいですねえ。
 このカレーは、パニールやチキンを入れてもいいですけど、ホワイトバターを乗っけるだけで食べたい気がします。
 
 マッキッキロティ(トウモロコシのロティ)とセットだと、最初に教わったせいでしょうか、これと食べたくなりますが、面倒ですので、せめて小麦のロティで、と思いました。

 さて、からし菜ですが、ホウレン草よりアクが弱く、力強さはありませんが、繊細でうっすらと香りがあり、素晴らしい。
 これを最初に食べた時は、繊細ではありますが、かなりなインパクトを受けた、舌の記憶があります。
 それ以来、追いかけているのですが、あまり周りやお客様から反応がないのも事実です。

 しかし、「からし菜カレー」をこよなく愛してくださる方がいらっしゃいまして、2年ぶりの製作となりました。
 こういう共鳴をいただくと、俄然とやる気が出るものですよね。

 さて出来上がり。
 やっぱり、サルソン・カ・サグはいい。


gen5delhi at 10:13|この記事のURLComments(0)社長雑談 

ネット企画、プレミアムカシミール5

2017年12月13日

pkc2

 スパイスのプロ、野口シャンカールさんがSNSで、期間限定の「牛ほほ肉のプレミアムカシミールカレー」のことを、書いていただきました。

 そういえば、レシピや味見はしましたが、ちゃんと1人前食べていないな、と思い、さっそく上野店で購入して食べてみました。

 一人夕食だったので、プレカシにオニオンピクルス、そしてコールスローを健康のため、添えました。

 実食。
 「これ、ウマいじゃん!」という感じ。
 牛ほほ肉というより、カレーソースが濃い、ウマい、辛い、甘い。
 これは感想になっていませんな。

 従来のカシミールより濃厚に作ってありますので、本当においしいのですが、でも、毎日食べるなら、通常品の方が飽きが来ないのでは。
 こちらは、たまにアクセントとして食べたくなるかな(週一なら全く問題ありませんが)。

 上野店式ということで、牛ほほ肉のパックが別添されています(カレーソース180gパックと牛ほほ肉のパックと別に箱に入っています)が、こちらも美味しいのですが、カシミールは、個人的にはチキンの方が好きです。

 この肉パックはコルマの時にでも使うこととして、今度はプレカシチキンを、焼き立てのチキンを入れて食べてみたい → ”これ最高!!”

 おっと、昨日食べたばかりなのにもう食べたくなりました。

 12月26日までの販売とのことなので、私も個人的に、あと20個は買うつもりです。
 あれ、宣伝になっちゃいましたかね・・・

 デリーネットショップ

ポークビンダルー探究者として・・・5

2017年12月12日

pvm

 今年はポークビンダルーを作りませんでした。

 昨今、インド料理店でこの名をよく見かけるようになりましたが、個人的にはちょっとインパクト弱めが多いかな。
 ポークビンダルーに出会って30数年の者としては、やはり初めてゴアの街食堂で食べた、あの強烈なイメージが忘れられません。

 酢のガーンと来る酸っぱさ、ビリビリと舌に来る辛さ、そしてナンやチャパティやプラオでない、白いライスとの組み合わせ。
 とても新鮮でした。
 頭の中では当時、「日本では売れないかなあ」という思いもありましたが。

 10年ほど前から、夏に季節商品として出してきましたが、今や”機は熟した”のでは。
 今日本で食べられるのは、ちょっと優しすぎなインドのホテル的感覚。
 我々も、「これだとお客様に強烈すぎるかな」と、商人的感覚でアレンジしてしまったような。

 ここは原点に戻って、ポークビンダルー探究人としての矜持を持って、邪念?を振り払って、逆にお客様に強烈なインパクトを感じてもらいたいと思います。

 ということで、年明け早々、「刺激的ポークビンダルー」を作るつもりです。

gen5delhi at 12:48|この記事のURLComments(0)社長雑談 

ミッドタウン店、今週のカレー5

2017年12月11日

mt17123

 ミッドタウン店、今週のカレーは「シーフードグリーンカレー」。
 そう、インド的タイ風グリーンカレーです。

 フレッシュバジルとライムで爽快なカレーに仕上げたとのこと。
 少しずつ進歩しているようです。

 5種のシーフードを具材に、辛さもやや控えめになっているようですから、タイのを意識されるなら、「辛口に」と言っていただいた方がいいかもしれません。

 これは時間を作って食べに行きたいかな、ちょっと興味があります。